2014_02
10
(Mon)09:46

「Anchor」ジャケ写絵 過程

「Anchor」
ジャケ写すばらしいですね。
3種類とも大好きです!

公開されてからかなりの時間うっとりしつつ眺めておりました(笑)

で、ふと軽く描き始めたらまたいつの間にか真剣になってしまって
ほぼ一晩で描き上げてしまった。
(そのあとも、ファン友さんへのお手紙用に使いたいとか色々あったので
またちょこちょこと直していますが)

ちょっと過程をご紹介。(デジ絵描きさん向けに、ちょいマニアックにも)
ソフトはいつもの「CLIP STUDIO PAINT PRO」

まず線画。
A-1.jpg
写真の脚の向きは真っ黒でわかりづらいのですが多分こんな感じ。
(後で消しちゃいます)

背景。
A-2.jpg
地面は結構適当にいけちゃうのよ・・・(;´・`)
水彩ブラシで茶/黒/ベージュなどでザッと塗って、 草・砂ブラシでザラザラ感を。
海と夕日(多分w)。
まずざっくりと、水彩ブラシでグレーをれます。
『きれいだな~どうしようかな~』という感じでひとまず放置。

いよいよ大知君本体(*´д`*)♡←
A-3.jpg
表情が微妙な加減で難しいです。
(顔を描く時って無意識に感情を重ねるのか
同じ顔しながら描いてません?笑)
胴回りに激しく萌えwなんて美しいライン~!(*´д`*)

この絵、本当はもっとざっくりと油絵風にしたかったけれど、
そうすると全然三浦大知さんにならず・・・
じゃあ細かく描いたら似るかというと簡単ではありません!(;・∀・)
何度描いても角度とかパーツのバランスが上手くいかない。
大知くんらしくならない!
…とうとう”変形”という技でお顔をのバランスを整えました(笑)
これ紙に描くと出来ませんwww
デジ絵の便利さに慣れてしまいそうで怖い。

”ざっくり描く”課題については、
一度描き込んだものを崩してみる思い切りもありませんでした_| ̄|○ il||li

もっともっとうまくなったら、またいずれ再チャレンジを。(ほんとかい)


そして夕日を表現するための効果をプラスします。
A-5.jpg
夕日の輝きを表現するために、
新規レイヤーを加算発光モードにします。
色は白で。海の波のキラキラは砂目系のブラシ。ところどころぼかしたりしています。
人物の周りの光の縁取りは水彩ブラシでうっすらと入れます。逆光ぽくなったかな? ^^
あとは、全体的にオレンジ色なので、また新規レイヤーにオレンジがかった黄色のグラデーションを
入れて上に重ねて。 下の絵が透けるように透過率を調整。

最後にサインを入れて終了。



今回出来なかった”ざっくり感”を
文明の利器でズバッと解決できないものかと…(おい)
Anchor ポスタライズ s
お友達にフォトショップのようないろんな効果を入れられるウェブサイトやアプリを紹介していただいたので、ポスター風に加工。
便利・・・


☆☆

お友達に教えていただいたWeb上で作業できちゃうエディター
「Photo editor online」
http://pixlr.com/editor/
写真の加工は勿論、絵もここで描けちゃいます!凄い〜!!

モバイル用に・・と教えていただいたのはコチラ。
「PicsPlay フォトエディター」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jellybus.fxfree&hl=ja
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント