2010_10
24
(Sun)21:03

聖飢魔II ICBMツアー in 名古屋 一日目に参戦!!

聖飢魔II 地球デビュー25周年記念・期間限定再集結
ICBM(Inter Continental Black Mass) Tour in 名古屋

1日目に参戦いたしました~!!


あ、ネタバレしちゃいけないから、内容は書けませんね(笑)

昨日も名古屋2日目のミサだったんですが、きっと閣下のこと。
「昨日の1日目はウォーミングアップだ!今日はもっともっと盛り上がっていくぞー!!」ぐらいのことはおっしゃっていたんじゃないかしら?(笑)悔しいなぁ←勝手に想像して悔しがる人。笑
とはいえ1日目!閣下をはじめ構成員の皆様が凄く喜んでくださるほどの盛り上がりでした!

2日経って、あの会場に居た全員が一体となった素晴らしいミサの体験がまるで夢のように思えてしまいそうですが…。それでも、体の端々に残る痛みは(膝とか腰とか(笑)もうすっかりお年ww)あの空間を思い起こさせてくれます。

私、初日の川口ミサのUstream配信を見ていたことを途中まですっかり忘れていて(笑)とある曲のMCを聞いてそこでようやく思い出しました(笑)多少セットリストが違ってる気がするし、Ustreamのオープニングを見損ねていたので。
でもかえって良かったなぁと(笑)1曲目の始まり方がもいつもと違っていてそれも驚いたけど、その最初の曲がとっても大好きな曲で!演奏が始まって閣下が歌い始めた時、気がつけば号泣してました(笑)そんなつもりこれっぽっちも無かったのに。あんまりにも涙が止まらなくて自分で驚いた~。もーメイクが台無し! (私のはメイク。彼らのは素顔。大事なことは確認しとく。笑)

目の前に再び姿を表してくれたこと。そして、きっとこれが最後のチャンスであること。その嬉しさと切なさと覚悟みたいな気持ちが一気に吹き出しちゃった瞬間でした。

特にマイダーリン(堂々と言うか!笑)ルークさんが真正面!わたし6列目!!『近いっ』と大興奮でした。こんな神チケならぬ極悪チケ!!さらに涙も倍増です。

でもね、行く前から『悔いの無いように盛り上がろう!!』と心に決めてきたので!あとはもうそのとおりに全身全霊で楽しんできましたよ!!(おかげで体はギッシギシ…w)


やはり聖飢魔IIはめちゃくちゃかっこいい!と改めて認識させられたミサでした。
彼らは最高にプロフェッショナルなエンターテイメント集団です。歌も演奏も演出も色々驚かされました。
あんなの見ちゃうと『これで本当に期間限定で終わっちゃうの?!』と思わずにはいられません。

過去の曲たちは今尚変化しつづけ、また違う形で見せてくださって。勿論前回と構成員が違うのも変化の要因だけど、それだけではない今の聖飢魔IIとしての変化。たとえ期間限定であっても良いものを追求していく姿勢は解散前・5年前の再結成とのきと何も変わっていませんでした。
だからといって、やたらと変えるわけではなく、ちゃんと今までのスタイルも大事にしていて、変化を楽しみつつお決まりのスタイルも満喫出来るという。
参拝する人(お客さん)を巻き込む、超参加型のミサです。古参の信者も(あたくしね。笑)今回初めて参拝する方もしっかり楽しかったんじゃないかな。そういえば、子供と男性が多くてびっくりした~。

こう書くと誤解されそうだけど、MCなんて笑いすぎて何度お腹をつりそうになったか!(笑)
全員が揃いも揃って爆笑トークを繰り広げてくださいます。どうしても閣下が目立つバンドだけど、全員MCできるんだもん(笑)腹筋が痛いです。しかもあのトークが苦手だった和尚が格段に腕が上がってた!DVDが楽しみで仕方ないっw
 
※ちなみに私、開演前の前説に和尚が当たる率が高い。なんかいつも和尚な気がするw
(聖飢魔Ⅱは、ミサ前に構成員のだれかが開演前の注意事項+おしゃべりをしてくださいます。全員の持ち回りで誰がいつやるかはわからない)


そうそう、これは書いていいのかな。信者の皆さん大方予想はされてるはずですが、来年は色々発布の予定があるそうですよ♪来年では間に合わないからともうそのために色々準備をされているって。また散財ですね(笑)嬉しい散財♪

さて、追加公演の12/11、12(土・日)東京国際フォーラムがまだ一般発売前(10/30発売)!
叶うならばもう一度観たいっ…!!
やっぱりね、正直そう思うけれど…。今回のミサで思い切り出し切って悔いは残っていないので、今は清々しい気持ちです。

3度目の再結成を無闇に期待してはいません。(ミサでも、閣下に「するなっ」て言われた(笑))
…でも!もしもまた!何かのチャンスで彼らに会えることがあるのならば、そのときは過去最高の気合と共に参戦いたしますよ☆

例え いくつであっても老体に鞭打って(笑)

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント