2010_11
07
(Sun)01:53

スーパープラネタリウム メガスター

「5・4・3・2・1…はい、ゆっくりと目を開けてください」
ナビゲーターの女性の声にゆっくりと瞼を開くと…
目の前には何千万個もの星空が…。まるで宇宙に飛び出したような錯覚に陥るほどでした


今日は伊丹市立こども文化科学館にスーパープラネタリウム「メガスター」の特別上映を観に行ってきました。
以前ちょっとご紹介してましたが(http://rizu6.blog46.fc2.com/blog-entry-558.html)、メガスターが関西にやってくるのは3年ぶりとのこと。待ちわびていました!関東(お台場・日本科学未来館他、神奈川、山梨など…)には常設施設はあるんですが、『観たいな~…』と言いつつ機会を逃し関西へ引っ越してきたので、伊丹で投影があると知ったときは本当に嬉しかったな~。

101106_1719~01101106_1505~01

今回のプログラムは、こちらの常設のプラネタリウム+メガスターの投影で、子供にもわかり易く、秋の星空を中心に紹介していくという内容。ナビゲーターの女性の丁寧で楽しい説明を聞きながら、夕暮れの空に一番星を見つけ、今見ることができるメインの星を探しながら、次第に詳しく秋の空をひもといていきました。

そして、いよいよメガスターでの投影。ここまでは、街灯りのない場所で見たらこんな風かな?っていう星空。見えているのは1等星から3,4等星位かな?それでもかなり沢山の星が輝いていて十分美しいけれど。
もしも、普段人間にはなかなかみえにくい7,8等星の星まで全部見えたらどうなるか…?

目を閉じてくださいと言われて、カウントダウン…。
そして、再び目を開けて見えたのは…想像を超える数の星達…!『すごい!!』と、思わず鳥肌が立ちました。
先ほどよりも明るい。星一つ一つの輝きが違いました。
何千万個もの星が輝く空は先ほどと違って、全然暗く感じなくて。薄く、濃く白い雲のように帯をひく天の川や、所々に見える銀河、星雲も全てが実際の宇宙に存在する星を一つ一つ映し出して出来たものだから、とってもリアルで奥行を感じました。
何より、まさかプラネタリウムを観るのに双眼鏡が居るだなんて思わなかった(笑)
時々お姉さんが「双眼鏡をお持ちのお客様はわかるかと思いますが…」って言うのですよ(笑)本当に実際の空を見るのを同じ感覚なんだ!とびっくりしました。だって実際の空よりも沢山星が見えるんだものね(笑)

そして、普段は見ることができない南半球の星空も。南十字星(Southern Cross)もしっかり観測いたしましたよ♪星座の中でいちばん小さいんですって☆

ぐるりと空を一周して、再び元の星空へ…。あ~…夢から醒めてしまったよう…。
やっぱり先ほどと星の濃さが全く違っていたのがよくわかりました。
やがて空は明るくなり、朝が訪れました。そして投影終了。

もう凄いとしか言えなくて…。あの感動を十分に表現できない。悔しいなぁ…。
この、特別投影は11/15(月)までありますので、お近くの方、星に少しでも興味のある方☆ この宇宙を是非ご自身で体験してみていただきたいな~♪
あ!そうそう!できれば双眼鏡持参☆ですね(笑)

こちらメガスター本体☆ 投影終了後、皆さんこぞって撮影していましたよ。意外とちっちゃかった!
SH3G0289.jpg


メガスターWEBSITE
http://www.megastar.jp/news/201009/151928.php

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント