--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_11
18
(Thu)10:43

DAICHI MIURA LIVE 2010 ~GRAVITY~ 大阪 ① 【ネタバレ】

GRAVITYツアー、レポートです。というより感想文かな(;^_^;)
今回ちょっと思い出すのに苦労しちゃって超ニュアンスです(キッパリ)。細かいところはどうか気にしないでくださるとありがたいです(笑)
これからまだ8公演ありますので、今後参加される方はお気をつけくださいね☆

セットリストはお友達からお借りしました。iさんありがとうございます☆




では、クリックでお進みください☆


※もしかしたら後から色々こっそり追加したり修正したりするかも知れませんがご容赦ください(笑)
  
 
DAICHI MIURA LIVE 2010 ~GRAVITY~ 大阪 ①


1. Spotlight
2. Inside Your Head
3. Flag ~album remix version
 
4. Crazy
5. Baby Be Mine
6. Delete My Memories
7. Your Love
 
8. One Step Closer
9. 銀の涙
10. Make It Happen
11. Open Your Heart

~ Instrumental (2曲) by GAKUSHI(key), Jay Stixx(dr), DJ NON
12. Who's The Man
~ Dance Corner (2曲)

13. Human Nature
14. 素直(槇原敬之) 大阪限定カバー
 
15. Drama
16. Do Not Disturb
17. Touch Me
18. No Limit
19. Hypnotized

Enc 1. Hot Musik
Enc 2. The Answer
Enc 3. Lullaby



Key:GAKUSHI
DJ: 大自然
Drums: JAY.Stixx

Dancers :SHOTA PURI KAZUKI NOPPO

********************************

幕が引かれた広いステージ。
暗転した会場に沸く観客。ビートの効いたスペーシーなBGMが始まる。なんばhatchのシルバーとブルーの内装に妙にマッチしていた。
幕がゆっくりと開く。舞台下手にキーボードGAKUSHI、 上手にDJ大自然、
中央にDrums Jay.Stixx。3名による演奏。
今回も生ドラムが居るのが嬉しい。お腹に響く音が心地いい。
演奏に段々熱がこもってきたところで、ブレイク!

ステージの奥に設置された高台の上に大知君が一人たたずんでいた。
スポットを浴びたその立ち姿に客席から大きな歓声が沸き起こって。

マイクを構え・・・
♪光をくぐり抜けそばにいくよ・・・
アカペラだ!
♪深い時間二人だけの長い夜を過ごせたなら過去も未来も飛び越えてここにしかない今をずっと…… 
とちょっと溜めて。
♪”大阪”にしかない今(夜?)をずっと……感じていたい

Spotlight
サビをアカペラで歌い上げる大知君!自信たっぷりのお顔、最後のフェイクが素晴らしくパワフルでファンキーで『わ!なんて声なの!』と心臓を鷲掴みにされてしまったまた前とは違う。一回り大きくなったことがここだけでもはっきりとわかるよ、大知君
たまらない高揚感を感じる中、なんばHatchに大歓声が響く。

そして流れる「Spotlight」のイントロ。
大知君が笑顔で手拍子を促すと、会場は一斉に手拍子!見事に最初から揃ってる。
嬉しさと楽しさで笑顔になるのがわかりました
両サイドに繋がる階段の、下手側からリズムをとりながら降りてくる。

衣装が凄く個性的!!
黒地にカラフルな惑星柄のジャケットに、中にはTA TVスポットで着ていたような胸元にキラキラの着いた黒いカットソーパンツも黒で細かいラメが光る。靴も黒(…かダークグレー?)
全体的に細身で、スラリとしたスタイル。というかやっぱり痩せてるね。頬もシャープです。髪の毛は茶色でふんわりとしていて個人的に最高にツボな長さ。距離があったので、ピアスは見えなかった。

ダンサーと軽やかなステップを踏みながら笑顔で歌い踊る大知君がそこに。私は後ろだったけど、上段にいたので靴以外はほぼ見えてラッキー♪
すごく嬉しそうな笑顔!大知君が右へ左へ歩くとお客さんも嬉しそういにキャーって声。うんうん、嬉しいさ~♪
サビの手振りが難しい方だった!お客さんは構わず左右オンリーだったけど、何気にダンサーズはくるりんバージョンじゃなかった?気のせいだったらごめんなさいね。
最後暗転してそのままIYHへ。

Inside Your Head
今まででも勿論格好よかったけど、いつもにも増してすっごくcoolだと感じた。大知君自身の雰囲気そのものがまずよかった。自分にとってはイメージチェンジ(今の髪型・衣装)してから初めて観るワンマン。今までで一番グレードアップされたステージ(照明やセット)バンド編成…などなど、会場全体の雰囲気と、大知君の明らかに絶好調なパフォーマンス、ダンサーズ4名との息の合いっぷり全て込みで鳥肌モノでした。表情は自信ありげで更に身震いしちゃう感じ(笑)キャーだよもう
たまに掛け声出てなかったかな~?すんごいノリノリで。

大阪はいつも着火が早いから(笑)客席の盛り上がり、手拍子も熱くてすごくいい。体が動いてしまう~。
最後の振りのゆらゆらと沈んで行くところがすごく細かくて、体の制御ぶりにびっくりです。ものすごい気合が入っていました。

Flag (アルバムver.)
ハウスっ!大知君がハウス踊るのを観るのが結構好き♪そして、CHEWさん振り付けのこのダンスはかなり好き♪そしてこの曲ではダンサーのソロも見所です。SHOTAさんから大知君へのウェーブのリレーも毎回大注目!そして感動!やっぱり痺れるぅ。いつも注目しちゃうところってあるんだけど「♪左手に鍵を~」のぽんと放り投げる所は目を引きます。

アルバムver.の「Flag」。ライブで聴くとやっぱりいいな。

MC
BGM(演奏)をバックにMC

汗を拭いてドリンクを飲み前へゆっくりと戻ってくる。
きっちり足をそろえて、深々とお辞儀。
「皆さん・・・お気づきでしょうか。・・・・・・・・・・・・三浦大知です(笑)」(爆笑)
「「DAICHI MIURA LIVE TOUR 2010 ~GRAVITY」へようこそ!」拍手と歓声。
「今日もこんなにたくさんの方に集まっていただいて嬉しいです。」
毎回ツアーごとにタイトルを決めていますが、今回は「GRAVITY」
「今日のライブを観終わる頃には、皆さん三浦大知の虜になっているはずだと!」「・・・っていうくらいの気持ちですよ?」慌てなくてもいいのに♪(笑)
「皆さんを惹きつけられたら、魅了できたらいいなと思っています」今日も謙虚です。可愛いです(笑)
あと、「皆さんと作り上げる」って話をしてくれたかなぁ…。

MCが終わるな~っていう頃にあわせて次第にBGMが大きくなっていき大知君「次はこの曲」っだったかな?そんな掛け声と、後ろ向きにブンッっと振り下ろした腕を合図に…(それがめっちゃ格好よかったのよー

Crazy
イントロにワッと歓声が。そしてGAKUSHIさんのトークボックスの出番です!
そして、トラックに合わせての振り。例のドンって音にあわせての胸ヒット(ダウンバージョン)には凄い悲鳴が!いや・・・やっぱりこれは何度見ても痺れる・・・。
低い声のフェイクにもうメロメロです。この曲の大知君は色っぽすぎる

Baby Be Mine
はいきたー好物ですめっちゃめちゃ好物な曲!!(笑)
イントロを聴いたとたんに無条件で悶絶ww最初の囁きがちょっと聞き取りづらくて残念だったけど。
PURIさんお一人で登場。大知君と二人でのダンス。あの振りが好きなうえに、振り付け師PURIさんフィーチャー?!って感じで嬉しくなった。
大知君はステージで歌い、PURIさんが抜け、次々とダンサーが代わりながら階段の踊り場や上段で一人ずつソロをまわしていきます。
皆個性な動きで面白い。今回自分的に楽しみだったNOPPOさん、背が高くて手足が長いのに凄いキレだ~。ピシッとしてる。そしてちょっと不思議な動きww
今回は、コミカルというか、というかマリオネットな雰囲気のダンス(よくわかんない?笑)を沢山見せてくれました。

大阪ライブで特徴的だったのは、曲ごとにステージセットを上手く使って色んなフォーメーションで魅せてくれたこと。今までにないほど、立ち位置や形が変わっていくのが新鮮で。多分ステージセットが立体的になったのも一つだと思う。
あと、BBMをはじめ、ダンサーのソロが多かった。見る場所がおおすぎて困ったよ(笑)


Delete My Memories
暗転し、後ろを向いてうつむきスタンバイ。
イントロなかなか始まらず、長い沈黙。ちょっと心配になったところで、曲が始まった。
Aメロを歌いながら上手の階段を後ろ向きに登っていこうとしたとき、ちょっとだけ歌詞がとんでた。めずらしいね。これもライブならではです。
上段の中央に登ったころダンサー登場でサビに突入!やっぱいりここは鳥肌もの。かっこいいよね!
かなりラストの方で、ダンサーズが四方を向いてお互いの位置が見えないままかなり早い動きで交差するところがあるんだけど、こっちから見てるとスレスレに見えて、よくぶつからないなーー!と変に感心してしまいました(笑)
そうそう、照明がビガビガでレーザービームが飛んでたよ!こういうのいいね!カッチョイイー♪

Your Love
曲の始まりがすごく派手で驚いた。ピアノから始まるんだけど、歌い始めでジャズっぽいブレイクが印象的なアレンジになって。
最初のLaLaLa…とか、セリフが無かったような気がします。突然♪一期一会…からだったかも。『へ~こんなYour Loveもありかも~』目を見張りました。

MC
暗い中ピアノが運び込まれる。中央よりやや上手。
汗拭き&ドリンク(舞台奥にはやっぱりミルクティーがw)を飲んで着席すると、
「はいっ」(笑) 
「ここまでセカンドアルバムの曲を歌ってきましたが、昔の曲も歌おうかなと…」

One Step Closer
今からの季節にぴったりでキラキラで、しかも大知君ノリノリで楽しそうに引き語っていて素敵だった。
ショートバージョンで、個人的にツボな部分がカットされてたのは残念だったけど、ちょっと元気でノリの良い感じがまた新鮮。

曲が終わると、マイクを持って下手側の階段に座って。GAKUCHIさんのキーボードが流れ出す。

銀の涙
意外な選曲におどろきました。私生で聴いたことあったかな?それすらわからない程珍しい曲。
今の大知君が歌うと、深く柔らかさが加わっていてまた素敵。正直言うと、私個人的には歌詞がピンとこない曲なんだけどww
それを差し引いても、大知君の歌声に込めた感情に切なさ、熱さが伝わってきました。

歌い終わり立ち上がると、銀の涙とは全く真逆な、ダークなイントロに合わせて激しい身振り。

Make It Happen
ガラリと雰囲気を変えて、これもまた珍しい選曲。
ファルセット満載のこの曲凄く難しそうですよね。ファーストアルバムが出た当時は、ファルセットが苦手って漏らしてい気がするんだけど、今の大知君がどう歌うのか、すごく興味があった。え…なんか…余裕綽々なんですが(笑)

この曲もダンサーズのソロまわしがあったかな?たぶん、ここだったと思うのですが…自信なさすぎますぅ…。
SHOTAさんのダンスがめちゃめちゃポッピンで『SHOTAさんのガッツリポッピン久しぶりに観た!』と興奮した記憶。上がりましたww

Open Your Heart
この曲軽やかでダンスも好き。楽しそうに歌うし踊る。お客さんもゆったりしつつも気分よく乗っています。
大知君、♪これが~OPEN YOUR ・・・って2回位言ってたww何か、その言い方に一瞬KRE様がよぎった私(笑)

歌い終わると、大知君とダンサーズが退場。


 つづきます☆

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。